準備着々!

北海道旅行に向けて準備が着々と進んでいます。
非常時の宿泊のため簡易テント、シュラフ、ランタンなど買い揃えました。
岬は鉄板の宗谷、襟裳、納沙布の他神威、地球、恵山岬も巡る予定。
だいたいのルートは小樽→余市→積丹半島→ニセコ→支笏湖→日高→襟裳岬
→帯広→層雲峡→旭川→富良野→留萌→宗谷岬→網走→摩周湖→納沙布岬→
→根室→釧路→室蘭→登別温泉→恵山岬→函館→松前→青森→秋田→山形→大阪
12日23:50に舞鶴港を出発し翌日20:45小樽港着その日は小樽で宿泊。
翌日はニセコで宿泊の予定だけは立てているが後はだいたいのコース取りだけ。
大阪には遅くても7月1日までに帰りたいと思っています。
どうなりますやら・・・?
b0069604_09273550.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-06-10 09:28 | 旅行 | Comments(0)

2018年6月9日

児玉博「テヘランからきた男 西田厚聰」:44
b0069604_10471069.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-06-09 10:00 | 読書 | Comments(0)

このところ

このところブログの投稿をさぼり気味です。
特に理由はないのですが少しめんどくさくなってきています。
まとめてこの一週間ほどの近況報告!
近くのジムで筋力トレーニングのお試しに行ってきました。
雰囲気が良さそうなので7月から通う気になっています。
5/30 清水三年坂美術館の「京のさきがけ」展に行きました。
清水坂は修学旅行生と外国人観光客で混雑しています。
東京遷都で衰退する京都を輸出用美術工芸で活路を見いだしました。
京薩摩、京七宝、天鵞絨友禅や金属工芸、漆器などの精緻な作品が
展示されていましたが入場者が少なく残念です。
帰りに高島屋京都店の「春の院展」を観ました。
同人、招待作家と新鋭画家の作品が充実していて楽しめました。
5/31 アレックスシネマで「家族はつらいよ3」を観ました。
山田洋次監督のシリーズもので今回は主婦業をテーマにしています。
家事を主婦に頼り切っていると大変なことになると笑わせてくれます。

6/3 和束町の茶源郷を歩き仲間と散策してきました。
京都府景観資産になっている茶畑をトレイルコースに沿って巡りました。
茶畑の景観の他に弥勒磨崖仏、安積親王陵、八坂神社の大杉が見所です。
2万歩ほど歩いた後の山甚カフェのほうじ茶ゼリーに癒されました。
b0069604_23391892.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-06-04 23:39 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2018年6月3日

黒野伸一「国会議員基礎テスト」:43
b0069604_17080738.jpg


[PR]
# by rmct | 2018-06-03 17:08 | 読書 | Comments(0)

読書と狂言

このところ読書に勤しんでいました。
玉岡かおるさんの「花になるらん」は高島屋創業者の妻がモデル。
幕末期から明治かけての京都の商人の才気がよく理解できました。
高島屋の創業家は飯田家で発展の影に常に伝統と創造を融合させています。
遷都により公家がいなくなり高級呉服の需要が減った京都で着手したことは。
外国人相手に販路を広げるために日本の伝統工芸を外国人向けに工夫。
神戸に出向き貿易への道を開き丸紅飯田の基礎づくり。
高島屋では美術関係に力を入れ日本画と伝統の織物や染物をコラボさせる。
中島京子の「長いお別れ」は認知症の父とその妻と三人の娘の話。
医学的な話は少ないが介護する側の心構えが良く分かります。
表題はアメリカで認知症患者の状態を言うことから付けたと思います。
長生きするのはいいけれど健康寿命を長くしたいものです。
昨日は高槻現代劇場で茂山一族の狂言を鑑賞しました。
「二人袴」「財宝」「靭猿」の演目で一族三代で伝統芸が継承されています。


[PR]
# by rmct | 2018-05-27 23:33 | 読書 | Comments(0)

2018年5月26日

中島京子「長いお別れ」:42
 全地球測位システム/私の心はサンフランシスコに/おうちへ帰ろう/フレンズ/
 つながらないものたち/入れ歯をめぐる冒険/うつぶせ/QOLキューオーエル
b0069604_23141532.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-05-26 13:00 | 読書 | Comments(0)

2018年5月25日

小松重男「蚤とり侍」:41
b0069604_23061805.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-05-25 23:00 | 読書 | Comments(0)

20日からのこと

20日は好天に恵まれ遊行会で松尾大社から洛西口まで歩きます。
3月26日に下見に行ったコースですが2ヶ月で木々の様子が違います。
松尾大社で有名なヤマブキは咲いていなかった花が散っていました。
今回は宮司さんのご案内で神社の見所を解説してもらいました。
神像や霊亀の滝、脇勧請などは普段何気なく見過ごしていました。
そしてハイライトは重森三玲作庭の曲水、上古、蓬莱の庭でした。
11時過ぎに松尾大社を出発し鈴虫寺の前を通り東海自然道を桂坂へ。
竹林の中のだらだら登りを歩くこと1時間ほどで桂坂公園に到着。
頭痛、むかつき、体のだるさが強くなりここでリタイアをしました。
帰って熱を測ると38度くらい夕方からずっと寝ました。
21日平熱になっていたのですが念のため医者で点滴と薬を貰いました。
風か熱中症か良く分かりませんが一日で治りました。
22日は少し心配しながらゴルフに出かけましたが特に問題なし。
23日は久しぶりに映画「蚤とり侍」を観たけど評判ほどではありません。
24日はゴルフ場に行った時の田園風景が綺麗だったのでドライブ。
茨木から亀岡にかけて田植えシーズンで水が張られた田に苗が並びます。
途中で千本釈迦堂の近くに本店がある「近為」の製造即売所がありました。
美味しい漬物を数種類試食すると何故かたくさん買ってしまいます。
b0069604_23342063.jpg



[PR]
# by rmct | 2018-05-25 20:20 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2018年5月23日

玉岡かおる「花になるらん」:40
 古来まれなる/がが御寮人/どんどん焼け/東京御幸/京の残り香/青嵐の丘/
 神戸からの風/不平等条約/帯を解く夜に/羽衣の女/ロンドンに問う/月季花
b0069604_20154812.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-05-23 18:00 | 読書 | Comments(0)

原散策

昨日は「オープンたかつき」のイベントで原地区を散策しました。
「オープンたかつき」は高槻市、観光協会、商工会議所主催の体験型観光です。
高槻市北部山あいの原地区は江戸時代には寒天づくりが盛んだった地域。
地元の案内人・田中國雄さん、矢ノ向正巳さんがガイドしてくれました。
集合地点の神峯山寺口バス停ですがすぐ傍には大森橋。
ここからスタートし八坂神社、寒天小屋跡、浄圓寺などを巡りました。
寒天の製造過程や歴史などを学びましたが昭和40年代後半に廃れてしまいました。
3年ほど前にNHKで放送された「銀二貫」はここが舞台です。
b0069604_22010541.jpg


[PR]
# by rmct | 2018-05-18 22:01 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

  主な登場人物: R=飼い主♂、  M=同♀、 C=くりむ


by rmct
プロフィールを見る
画像一覧