車の乗換

私は今まで49年のホンダLifeに始まりCIVIC、マツダのカペラ、いすゞジェミニ
トヨタのコロナSF、スバルのフォレスター、ルノーのカングー、三菱のRVRを経て
先月スズキのIGNISに乗換え年齢的にこれが最後だと思っていました。
8年位前から友人と母に近況報告のハガキを毎月出しています。
今日は母のお世話になっているグループホームの開園記念日です。
11周年だということですが毎年昼食会を兼ねた入所者と家族の交流会があります。
その帰りがけにホームの職員の方から「車を変えられたですね!」とのお声かけ!
ハガキを読んで母に渡してくれているみたい。
「最後の乗換と思っていたら友人から次は車いすと言われた」と笑いを取りました。
そしたら「その前に杖替わりの手押し車のお世話になるかも」と返されました。(納得!)

食事会で出された御馳走です。
b0069604_22162611.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-06-17 22:16 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

銀の猫

朝井まかてさんの「銀の猫」を読みました。
バツイチで母親の借金のため口入屋で収入のいい介抱の仕事をする女性の話です。
八話仕立てになっていて主人公の介護に理解を深める周辺との関係が面白い。
親子の介護を考の基本とするがあまり思い詰めると介護に疲れてしまう。
金がないと介護を受けられないけどプロの手によるとそれも必要なのかな?!
江戸時代の後期が時代設定になっていますが現代に通じるお話でした。
高田郁さんのみをつくし料理帖にも通じるところがありますが
親子関係のさまざまを描いていて恋愛の部分はほとんどありませんでした。

茶源郷和束は少し寒いのかツツジと茶畑のコントラストを楽しめました。
b0069604_21174987.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-06-16 21:17 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

大阪落語への招待

昨日は芦屋サロンから大阪市立大学への移動で講座にギリギリ間に合った。
大阪市立大学ではヤシの並木が高くなりすぎて伐採することが話題になっている。
今回の「大阪落語への招待」は女性落語家は何故少ないかでした。
落語の歴史250年くらいの間落語家は男の世界でした。
登場人物は圧倒的に男性が多く商家では旦さん、手代、丁稚が代表的。
女性は御寮さん女中(おなごし)がいるがデフォルメされて演じられる。
これを女性が演じると可笑しさより色気が出てしまうので笑えなくなるらしい。
最後に上記のような登場人物の典型として「悋気の独楽」を演じてくれた。
御寮さんが主人公ですがかなりオーバーに演じていました。

楊谷寺の入り口には仁王さんではなく風神・雷神です。
b0069604_20445546.jpg

b0069604_20450449.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-06-15 20:45 | 落語 | Comments(0)

2017年6月15日

朝井まかて「銀の猫」:41
 銀の猫/隠居道楽/福来雀/春蘭/半化粧/菊と秋刀魚/狸寝入り/今朝の春
b0069604_20164189.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-06-15 15:30 | 読書 | Comments(0)

芦屋サロン

よみうり読書芦屋サロンに行ってきました。
第41回だそうですが私は4回目です。
人気作家が原稿用紙9枚程度の掌編小説を書き下ろします。
サロンは小説の作者と読売新聞の文化部記者が対話する形式です。
今回は昨年の本屋大賞を受賞した宮下奈都さんの「左オーライ」でした。
これまでに三浦しをんさん、葉室麟さん、原田マハさんが登場しました。
作家さんはしゃべりが得意な人とそうでない人がいますが感性がいいと感じます。
宮下奈都さんの作品を読んだことがないのですが読んでみたくなりました。
「YOUは何しに日本へ」という番組でりくろーおじさんのチーズケーキが登場!
久しぶりに梅田大丸でチーズケーキを買いました。
相変わらず美味しいと思いました。

楊谷寺の本堂ではご本尊と繋がっている紅白の紐を持ってお祈りします。
b0069604_21541243.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-06-14 21:54 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

春日局

先日お亡くなりになった杉本苑子さんの「春日局」を読みました。
図書館の追悼コーナーに並べてあった著書の中から選びました。
三代将軍の徳川家光の乳母だったことは知っていましたがその他は。
昨年舞鶴道の春日インター近くの百毫寺に藤を見に行きました。
そのとき近くの興禅寺が春日局の生まれたところと知りました。
父は明智光秀の重臣だった斎藤利三で本名は斎藤福でした。
夫の稲葉正成は小早川秀秋の家老で関ヶ原の戦いで徳川に寝返らせる功がある。
二代将軍秀忠の正妻・江は長男家光の養育から遠ざけられる。
江は次男の国松を溺愛し家光の乳母福と確執ができる。
江は織田信長の姪でその敵の斎藤利三の娘の確執が面白い。
秀忠の娘和子は後水尾天皇に嫁ぎ拝謁するにあたり春日局になる。
女傑として描かれることが多いが頭が切れる女性と思いました。

柳谷観音の奥の院の堂内にカラフルな二十八部衆は千手観音の眷属だそうです。
b0069604_21252408.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-06-13 21:25 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年6月13日

金沢正修「イザベラ・バード『日本奥地紀行』を歩く 」:40
b0069604_20493359.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-06-13 13:30 | 読書 | Comments(0)

茶源郷 和束

昨日のドライブは楊谷寺の後桃源郷ならぬ茶源郷の和束町に行きました。
京都縦貫道の長岡京ICから宇治西ICを通り宇治田原から峠越で和束に。
茶畑が美しいことで最近よくテレビで取り上げられています。
そして外国人の方が茶栽培や茶摘み茶の美味しい飲み方を体験にきます。
昼過ぎに和束茶カフェに到着し、まずは新茶と抹茶チーズケーキを頂戴します。
新茶は和束の煎茶で一煎目はぬるめで甘く、二煎目は少し熱くして渋みを
三煎目はもう少し熱くして苦味を楽しむと飲み方の説明書に書かれていました。
勘定するときに写真撮影のビューポイントを教えてもらいました。
茶源郷 和束 緑泉ウォーキングマップを貰い1時間ほど散策しました。
綺麗に整備された茶畑を間近に気持ちよく散歩できました。

b0069604_12304276.jpg

b0069604_12305068.jpg


[PR]
# by rmct | 2017-06-12 12:31 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年6月11日

杉本苑子「春日局」:39
b0069604_12013073.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-06-11 23:00 | 読書 | Comments(0)

あじさい回廊

昨夜そろそろ寝ようかと思っていたら来客が。
marupuraがおよそ2ヶ月ぶりにやってきました。
昨日1ヶ月点検を終わったイグニスとは初対面です。
さっそく今日は一緒にドライブに行くことにしました。
アジサイには少し早いけど長岡京市の柳谷観音に!
楊谷寺というお寺なのですがあじさいと紅葉の時期は入山料が要ります。
昨日から来月の2日まで一人200円ですがその価値はあると思います。
先月来た時には近くの山は藤の花があちこちで見かけられました。
奥の院から本堂への回廊の周辺はあじさいが見所です。
本堂の近くの庭もさつきが綺麗でした。

b0069604_18491980.jpg


b0069604_18512541.jpg


[PR]
# by rmct | 2017-06-11 18:51 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

  主な登場人物: R=飼い主♂、  M=同♀、 C=くりむ


by rmct
プロフィールを見る
画像一覧