<   2017年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

9月も終わり

9月も今日で終わりでめっきり涼しくなってきました。
半袖から長袖への衣替えの季節となりました。
昨日は朝日友の会の会員券を使って大阪の展覧会に。
まずはうめだ阪急ギャラリーで「白洲正子ときもの」展です。
和服で来ると入場料がタダだからか和服姿の女性が目立ちます。
彼女の生涯の展示と愛用したきものが展示の中心です。
能の愛好家だったからか質素だが上質の着物を愛用していました。
つぎになんば高島屋のグランドホールに移動します。
民藝の日本 柳宗悦と「手仕事の日本」を旅する展です。
こちらは朝鮮の陶器に始まり日本各地の民藝品が展示されています。
日常に使うものでも丁寧に作りそれが美しいと感じる品々でした。
日本各地に民藝館があるようで旅のテーマになりそうです。

新居浜の旧広瀬家住宅では台所近くにさりげなく民藝品?が
b0069604_14520216.jpg

[PR]
by rmct | 2017-09-30 14:52 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年9月30日

伊吹有喜「カンパニー」:69
b0069604_14302465.jpg

[PR]
by rmct | 2017-09-30 12:30 | 読書 | Comments(0)

スポンタネ

昨日は I 夫婦とスポンタネのランチに行ってきました。
前回の隣の部屋で紅孔雀の間という感じです。
b0069604_18301977.jpg
まずはパンとオリーブオイルと等が入った塩が出てきます。
美味しいパンだったので作っているのかと聞くと買っているそう。
前菜の一品目はぶりの燻製、二品目は鱧でした。
b0069604_18303102.jpg
   
b0069604_18304026.jpg
メインの魚はスープも兼ねた鰆でエビのスープでした。
一見して鯖ミソみたいでした。
b0069604_18305130.jpg
メインの肉は出雲の牛のステーキで添えられた野菜が甘い。
b0069604_18310024.jpg
最後にデザートと飲み物でしたが今回も大満足。
b0069604_18311388.jpg
玄関までシェフが見送ってくれて蔵の中の離れを見せてくれました。


[PR]
by rmct | 2017-09-29 18:33 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

Wi-Fi中継器

我が家のWi-Fi環境はリビングにルーターがあるため私の部屋の無線が不安定です。
仕方なくパソコンをリビングに持ちこみ作業をするので長時間すると腰痛!
goqusamaに相談しWi-Fi中継器を購入して試してみることにしました。
私の部屋とリビングの中間地点にあるキッチンのコンセントに設置しました。
ルーターと中継器そして中継器とパソコン、iPad、スマホ、プリンターなどを接続します。
すると何と言うことでしょう、今まで不安定だった私の部屋の無線環境が良好に!
コードレスでパソコンとプリンターが繋がり作業が楽になりました。
そしてスマホの写真も直接印刷できます。
今まではスマホの写真をメールに添付してパソコンに送っていました。
そしてプリンターのスキャナー機能で取り込んだ情報をスマホに保存できました。
使い方が分かるとあれこれ便利なものです。

讃州井筒屋敷では素敵な藍染めの展示がありました。
b0069604_10122467.jpg


[PR]
by rmct | 2017-09-28 10:12 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

高知にさよなら

高知での最終日の23日は朝少し遠くまで散歩しました。
元住んでいた場所は建物が建ちはじめ看板を見ると介護施設でした。
昼まで義母のお付き合いで高知市内がよく見える筆山に。
車が多くいつもと違う雰囲気で今日はお彼岸の中日でした。
この辺はお墓が集中しているところです。
太平洋まで南下し浦戸大橋を越えて五台山の下のトンネルをくぐります。
いつものように土佐のさとでお買い物しその後は浜幸でお土産を購入。
昼過ぎに高知を出発し途中新宮ICで道の駅霧の森に立ち寄ります。
そこで名物の霧の森大福をいただきながらかぶせ茶を一服。
その後高松道に入り引田ICから讃州井筒屋敷で古い町並みを見学。
かめびし屋というベンガラの醤油屋で食べる醤油を買いました。
夕方になったのでびんび屋を思い出し夕食を食べに行きます。
祝日とあってたくさんの人が並んでいましたが15分待ちくらいで。
新鮮で豪華なお刺身定食その他をいただき大満足。
8時過ぎには中国道も渋滞が解消し9時過ぎに我が家に無事到着。

筆山から高知城を望む。
b0069604_17052318.jpg
霧の森大福を頂いた茶屋。
b0069604_17053671.jpg
讃州井筒屋敷とかめびし屋。
b0069604_17055664.jpg
b0069604_17060785.jpg

明石大橋を見るともうすぐ大阪という感じ!?
b0069604_17061604.jpg


[PR]
by rmct | 2017-09-27 17:09 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年9月26日

百田尚樹「今こそ、韓国に謝ろう」:68
b0069604_06223417.jpg

[PR]
by rmct | 2017-09-26 23:00 | 読書 | Comments(0)

別子銅山

9月22日は朝から終日雨でした。
足摺岬や北川村のモネの庭に行くことも考えたのですが・・・
新居浜の別子銅山の跡地のマイントピア別子に行くことにしました。
四国山脈を横切る時に霧が山にかかる景色が墨絵のよう。
四国中央市の高速分岐点から西に進むと右手に瀬戸内海。
新居浜インターから山の方に向かうと道の駅があります。
マインピアの端出場(はでば)ゾーンになっている観光施設もあります。
少し渓谷沿いの道を昇るとループ橋とダムが見えました。
東洋のマチュピチュと言われる東平(とおうなる)ゾーンまで
標識に沿っていくと凄い狭い林道のような道が5kmほど続きます。
資料館や周辺の建物を見学すると銅山が重要産業だと分かります。
少し離れた変電所跡は素敵な場所にありましたが誰もいません。
駐車場に戻り今は遊歩道になっているインクライン跡を降ります。
インクラインは端出場から索道で来た物資を上げるためのものです。
赤煉瓦の貯鉱庫などが城壁都市のようでした。
産業遺産を後にして今度は文化遺産の旧広瀬家住宅に行きました。
住友家の総理事だった広瀬宰平が明治中期に邸宅として建てた屋敷跡です。
新居浜の市街地には銅山の閉山後もその遺跡があちこちにあるようです。

マイントピア別子の途中で見かけたダム
b0069604_10362639.jpg
東洋のマチュピチュ マイントピア別子東平ゾーン
b0069604_10372919.jpg
変電所跡とアートのような内部
b0069604_10371997.jpg


b0069604_10370598.jpg
インクラインの今昔
b0069604_10365573.jpg


b0069604_10364346.jpg
旧広瀬家の入口、内部、庭
b0069604_10361316.jpg


b0069604_10360123.jpg


b0069604_10355285.jpg



[PR]
by rmct | 2017-09-26 10:44 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

松山城

道後温泉のメルパルクで1泊した翌日は近くを散策します。
近くの伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)の神殿は立派な回廊がありました。
長い階段を昇り降りして道後公園(湯築城のあったところ)に向かいます。
公園から電車通りに出て一駅先の道後温泉駅に行きます。
駅はレトロな感じですぐ傍には坊っちゃん電車を陳列。
簡単に食事するところがなくハイカラ通り入口の喫茶ガレでモーニング。
すぐ近くの放生園という足湯とカラクリ時計のある所で人だかり。
9時からのカラクリは坊ちゃんをテーマにしたかなり大掛かりのものでした。
チェックアウトして松山城に向かうと坊っちゃん電車が走っていました。
ロープウェイで本丸に出るとボランティアガイドの方がいました。
2人でもよいかと聞くと快く案内してくれることになりました。
松山城の築城の歴史やビューポイントなどを分かりやすく話してくれます。
昨夜の食事したところにあったタウン誌でセキ美術館を知りました。
住宅街の中の瀟洒な美術館ですが好きな画家の展示が多くありました。
お昼は近くの大黒屋でうどんを食べてから砥部焼観光センターへ。
久しぶりに33号線で久万高原を越えて高知に向かいました。

伊佐爾波神社の階段
b0069604_10352939.jpg
道後温泉駅と坊っちゃん電車
b0069604_10353823.jpg
放生園のカラクリ時計
b0069604_10354774.jpg
坊っちゃん電車が走る
b0069604_10355537.jpg
松山城のビューポイント
b0069604_10360246.jpg



[PR]
by rmct | 2017-09-25 10:39 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

道後温泉

大阪が住所で故郷の高知に行くには明石・鳴門ルートが多くその次に児島坂出ルート。
しまなみ海道方面に行くことはあまりありません。
今回は「四国まるごとドライブパス!2017」を利用するので松山方面へ。
あいにく曇り空でしまなみ海道からの景色はあまり良くありません。
来島海峡大橋かよく見えるレストランで和定食の昼食。
今治城と日本食研の宮殿工場を見学し清光堂のみかん大福をGET。
松山城の麓の重要文化財「萬翠荘」を見学し宿泊先の道後温泉へ。
メルパルク松山から浴衣で道後温泉本館へ行き大広間から神の湯へ。
皇室専用の湯殿も見学し夕食は電車で大街道に行きます。
すし丸という所でたい飯と松山鮨を頂き道後に戻ります。
駅から本館までのハイカラ通りの商店街はお土産屋などで賑わっていました。

しまなみ海道のゴール今治北から来島海峡大橋を望む。
b0069604_09590963.jpg
今治城の天守閣
b0069604_09504490.jpg
日本食研の宮殿工場
b0069604_09505216.jpg
萬翠荘
b0069604_09510558.jpg
道後温泉本館
b0069604_09511306.jpg





[PR]
by rmct | 2017-09-24 10:01 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年9月22日

武内 涼「駒姫-三条河原異聞ー」:67
b0069604_09235925.jpg

[PR]
by rmct | 2017-09-22 22:00 | 読書 | Comments(0)

  主な登場人物: R=飼い主♂、  M=同♀、 C=くりむ


by rmct
プロフィールを見る
画像一覧