<   2017年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

プレ金2

プレミアム・フライデーの2回目になるが不評のよう!
今日は平成28年の年度末なので3月決算の企業の経理はとてもじゃないが無理。
ゴルフに出かけたら予想通り空いている。
午後から雨の予報でスルーでプレイさせていただきラッキー!
2時前には家に帰りつき新聞を読むと今夜はプロ野球の開幕戦。
阪神は広島球場でスタートだが雨は上がりそうである。
今5回裏が終わり7対1で勝っている。
補強で来た糸井の活躍が素晴らしい。
今シーズンの先が楽しみな初戦となりそうです。
プレミアム・フライデーを利用した人も早く帰ってTV観戦かな?

神戸のモザイクの一角にはアンパンマンミュージアムがあります。
b0069604_20462603.jpg



[PR]
by rmct | 2017-03-31 20:46 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

キングコング

キングコングがリメイクされ映画評論では好意的でした。
昨日の映画館は春休みとあってお子さんがたくさん来ていました。
映画はベトナム戦争終結時の南海で謎の孤島を調査に行くことから始まります。
雰囲気的には「地獄の黙示録」へのオマージュで作成した感じです。
挿入歌のCCR「バッド・ムーン・ライジング」や「ジャングルを越えて」は
「地獄の黙示録」で流れたCCRの「スージーQ」を連想しました。
最初はコングがヘリコプター部隊を殲滅するので悪者扱いでした。
コング以外にこの島の生物は巨大化していてコングは人間の守り神だと分かります。
調査団とコングとの和解ができ悪い怪獣を退治しめでたしめでたし!
エンドロールが終わると次回作が匂わされます。
この島以外にも巨大世物がいてゴジラ、モスラ、ラドン、キンギギドラ?
コングと対決するのかそれとも単独でリメイクされるのか?
まあこの手の映画は何でもありなのでしょうが特撮は良かったと思いました。

神戸駅のタクシー乗り場では黄色いポルテの個人タクシーが待っていました。
b0069604_21320852.jpg

[PR]
by rmct | 2017-03-30 21:32 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

花粉症?

少し軽い花粉症かもしれません?
目の周りが少しかゆく咳がときどき激しく出ます。
鼻もときおりムズムズして入口がざらついているような感じです。
頭もぼうっとするので花粉症の症状に当てはまるようです。
特に咳で気管支が炎症を起こしているような不快感があり医者に行きました。
先生に症状を伝えるとアレルギー反応を抑える内服薬と目薬を処方されました。
おかげで症状は少し緩和され楽になりました。
スギ花粉はピークを過ぎてきたようで自然治癒でもよかったのかもしれません。

日本民家集落博物館の一部は貸展示室になっているようです。
b0069604_17164041.jpg


[PR]
by rmct | 2017-03-29 17:18 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年3月29日

森浩美「終の日までの」:22
 月の庭/つまらない人/人生の部品/メンテナンス/いちにさんぽ/
 おばあちゃんのSuica/準備万端/三塁コーチャーは腕をまわせ
b0069604_17192901.jpg


[PR]
by rmct | 2017-03-29 12:00 | 読書 | Comments(0)

小野リサ

昨夜は小野リサのコンサートを聴きに新歌舞伎座に行ってきました。
もうすぐ4月というのに夜風が冷たく桜の開花が遅れそうです。
小野リサはブラジル生まれのハスキーな声のけだるい曲が魅力的です。
今回はボサノヴァで巡る日本の歌がコンサートのテーマでした。
懐かしい曲のいろいろの中で秀逸は「あの日に帰りたい」でした。
すごく聴きやすいコンサートでしたがなにかもの足りません。
アンコールでサンバやボサノヴァのメドレーを歌立ってくれました。
小野リサが生き生きしていると感じました。
ピアノ、ベース、ドラム、フルート&サックスというバックも素敵でした。

黄色い花続きで日本民家集落博物館の菜の花です。
b0069604_09345928.jpg




[PR]
by rmct | 2017-03-28 09:35 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

感動した!

大相撲春場所で稀勢の里がケガを押して出場し照の富士に勝ち涙の優勝した。
数年前に貴乃花がケガを押して出場し武蔵丸に勝ったシーンがよぎりました。
その時に小泉首相が土俵上で「感動した!」というコメントが有名になった。
13日目に日馬富士に負けた時左肩を抑え苦痛に顔をゆがめていた。
翌日は不戦敗かと思っていたら強行出場し鶴竜にあっさり負けてしまった。
その時点で照の富士に1勝リードされ逆転優勝は想像できませんでした。
千秋楽に出場するかどうかを気にしていたのですがまさかの優勝です。
表彰式での君が代斉唱の途中で涙が本人の気持ちを物語っていました。
賜杯を抱えている時に痛みが出たのか思わず顔をしかめていました。
感動した時にふと考えたのが照の富士や武蔵丸のことです。
特に照の富士は前日の琴奨菊戦の批判がありヒール役になっていました。
彼もひざの故障を抱えて出場を続けており勝つための拘りが強かったのでは?
怪我している相手と戦う力士の心境は複雑だと思います。

服部緑地公園の黄色い花が続きますがトサミズキです。
b0069604_09205696.jpg

[PR]
by rmct | 2017-03-27 09:21 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年3月27日

今野敏「継続捜査ゼミ」:21
b0069604_08373935.jpg

[PR]
by rmct | 2017-03-27 01:30 | 読書 | Comments(0)

門井慶喜

門井慶喜さんの「屋根をかける人」を読みました。
キリスト教の伝道者として近江八幡に来日したウイリアム・メレル・ヴォーリズの話です。
英語教師をしていましたが解職され建築の仕事に携わります。
教会や学校他ビル住宅を含め全国に1500以上の建築物を残しています。
広岡浅子との交流があり大同生命関係のビルを多く手掛けています。
広岡家の入り婿恵三は一柳滿喜子の兄でそのご縁もありヴォーリズと結婚します。
玉岡かおるさんの「負けんとき」と併せて読むと面白いと思います。
門井さんは2015年「東京帝大叡古教授」で直木賞候補になります。
シャーロック・ホームズのような物語で面白かった記憶があります。
2016年「家康、江戸を建てる」でも直木賞候補になりました。
家康が江戸に城を築くことで今の東京の基礎ができたことがわかります。
今回のヴォーリズの話も彼の功績や人となりが良く分かりました。
もう一つ読んだ作品は「ゆけ、おりょう」坂本龍馬の奥さんの話です。
坂本龍馬死後のおりょうさんの姿を初めて知りました。
門井さんはまだ45歳で今後の活躍が期待されます。

春はミモザやサンシュユなど黄色い花が目立ちます。
b0069604_19340572.jpg




[PR]
by rmct | 2017-03-25 19:34 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年3月25日

門井慶喜「屋根をかける人」:20
 大きな家をつくろう/青い目の近江商人/何とかなります/
 滿喜子/世界の家庭薬/連鎖販売/私は日本人/召天
b0069604_16281785.jpg

[PR]
by rmct | 2017-03-25 15:30 | 読書 | Comments(0)

もうすぐ春ですね!

沈丁花の次には木蓮の花が咲きました。
桜の花芽もずいぶん膨らんで大阪の開花予報は29日です。
その1週間後が満開でしょうから忙しくなりそうです。
毎年同じ場所に出かけるとともに新規開拓も頑張っています。
だいたい水無瀬神社か御所の近衛邸跡でスタートします。
そして背割りの桜や茨木の川端通、弁天さん、摂津峡などが続きます。
昨年は大和郡山城の桜と夜久野の京都府緑化センターの紅枝垂れ桜が新規。
今年はどこに足を伸ばそうかな?

19日のウォーキングでは桜とミモザの競演が見られました。
b0069604_21014864.jpg

[PR]
by rmct | 2017-03-24 21:01 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

  主な登場人物: R=飼い主♂、  M=同♀、 C=くりむ


by rmct
プロフィールを見る
画像一覧