カテゴリ:くりむとFamily( 44 )

ラ・コリーナ

今日はMと高校時代の同窓生二人と近江八幡のラコリーナに行きました。
ラ コリーナは八幡山から連なる丘のそばに自然を活かした施設です。
たねやグループのフラッグシップ店なのですが見所を回るツアーがあります。
メインショップからカステラショップとコンテナショップと本社の一部を見学。
ツアー参加者だけが行ける場所や建物や施設のコンセプトを理解できました。
ユニークな建物は藤森 照信氏の設計によるものだそうです。
ツアーの後カステラショップのカフェで特製のオムライスをいただきました。
オムライスの卵はカステラを作るためのものでご飯は古代米の赤米、黒米の混合。
いりことかつおの香ばしい出汁あんかけとフレッシュトマトが乗っかています。
食後はヴォーリス建築を見に行きましたが詳細は明日。

b0069604_20535481.jpg


[PR]
by rmct | 2016-10-31 20:54 | くりむとFamily | Comments(0)

院展

今朝は高槻市北部の原地区で枝豆の刈取り販売があります。
市の広報で出かけたのですが駐車場は満杯で会場は順番待ちの長蛇の列。
いつになるか分からないので諦めて帰りました。
9時開始なのですが8時頃に行かないとダメみたい。
午後からは大丸心斎橋店で開催されている「院展」に行きました。
このところ市美展や新制作展など上手な素人の絵を見ていたのですが。
院展はプロの世界だなと感じました。
大丸の北館は昔は「そごう」だったのですが最上階から屋上庭園に行けます。
オリーブの実が沢山成っていて青空が気持ち良い場所でした。
b0069604_18232810.jpg


[PR]
by rmct | 2016-10-15 18:23 | くりむとFamily | Comments(0)

市民大学

今日はけやきの森市民大学「井原西鶴の作品を読む」の2回目です。
テーマは「町人物の世界」で日本永代蔵の一の一と三を解説してくれました。
一は泉州水間寺から初午で借りた金を利息を付けて返す話でした。
なんと1年間に倍にして返すという習慣があったとうです。
江戸から来た網屋が1貫(現在では1億円以上の価値)借りたものを
13年後に8,192貫にして返したお話ですが2の13乗で計算通りです。
タイトルは「初午に乗ってくる仕合」でした。
次は「浪風静かに神通丸」で米の集散地である大阪ならではの話です。
流通は船で神通丸を所有していた「唐かね屋」が和泉で有名だったこと。
北浜で米の積み下ろしをする時にこぼれる米を箒で集める女の話でした。
長者となるための心がけが興味深く描かれています。
講義が終わって江戸時代の大阪の地図を見せていただきましたが
現在につながるものと過去にしかないものがあれこれありました。
それはそうと昨夜のワールドカップ最終予選のイラク戦は劇的でした。
引き分けかなと思ったロスタイムに山口蛍のバースディ弾にしびれました。
ドーハの悲劇の相手もイラク戦でしたが今回は感激でした。

神戸のB級グルメ長田のぼっかけ焼きそばはホルモン入りでした。
b0069604_22433489.jpg

[PR]
by rmct | 2016-10-07 22:45 | くりむとFamily | Comments(0)

秋色濃くなる

今日は亀岡方面にゴルフするために出かけました。
裏山を越えていくのですが段々畑は黄金色になっています。
あちこちで刈取りが始まっていて畦道には彼岸花が咲き始めていました。
ところにより道路には栗のイガが転がっています。
新名神の工事も進んでいて府道と交差する高架橋は殆ど完成しています。
ゴルフのプレイ中は曇りで湿度も低く10月下旬のように快適でした。
帰りには見山の郷という地元農家の野菜販売所に立ち寄りました。
3時過ぎだったので茄子とシシトウが残っているだけでした。
これからはコスモスや柿の実を沢山つけた木が里の風物詩になるでしょう!
今夜は仲秋の名月で雲間から満月が見えました。

見山の郷の近くの田園風景です。
b0069604_21533361.jpg



[PR]
by rmct | 2016-09-15 21:53 | くりむとFamily | Comments(0)

染色家展

日曜日のEテレ日曜美術館のアートシーンで三浦景生展の紹介がありました。
染色家の三浦景生氏は白寿まで生きて独特の世界を描いています。
京都市美術館で展覧会を開催しているので行ってみました。
ビデオで制作中の様子が放映されていましたが独自の世界です。
野菜のスケッチが多く展示されそれを基に楽しく表現していました。
独活と山椒の対比には「うどのたいぼく」とのタイトルですが、
画の下にはローマ字で「うどのたいぼく」「さんしょはこつぶ」と。
帰りに京都高島屋でキャシー中島のキルト展を観ました。
本人のトークショーがあって人だかりができていました。
地下の仙太郎で売られていた月見団子を買ってお土産にしました。

b0069604_20323263.jpg


[PR]
by rmct | 2016-09-14 20:32 | くりむとFamily | Comments(0)

京都 琳派をめぐる旅

図書館で借りた「京都 琳派をめぐる旅」を見て西陣エリアを巡ることにしました。
スタートは堀川今出川バス停からです。
少し北に行くと応仁の乱で西軍の陣を張った山名宗全邸宅跡があります。
西陣の語源で有名ですが少し西に行くと西陣小学校がありました。
紋屋町の町並みを抜けると瓦を埋め込んだユニークな塀があります。
その向かいには雨宝院があり見事な松がありました。
そして目立たないが細い路地の先にのばら珈琲があります。
民家を喫茶店にしていますが昭和初期の骨董品が所狭しと飾られていました。
情緒のある織成館の通りを北上し寺之内通りを東に向かいます。
途中たんきり飴本舗と妙蓮寺に立ち寄り堀川通りの田丸弥で昼食しました。
湯葉入りのにゅうめんとしめじのピラフは美味しゅうございました。
表千家の不審庵、裏千家の今日庵の素敵な家並みを見て妙顕寺に!
本日は法事があり一般の見学は出来ませんの張り紙があります。
残念ながら光琳曲水の庭を見る頃ができません。
塔頭の泉妙院は緒方乾山の菩提寺ですが見学お断りでした。
最後に本阿弥光悦京屋敷跡を見て西隣の白峯神宮に行きました。
境内では蹴鞠の練習をしていました。
話変わって今日は中秋の名月でスーパームーンが見られます。

明石市立天文科学館のプラネタリウムです。

b0069604_20274305.jpg

[PR]
by rmct | 2015-09-27 20:27 | くりむとFamily | Comments(0)

3/4(土) おひさ

おひなではなくおひさ!
勉強モードから遊びモードに変わったRと久しぶりにドライブ!
大山崎インターから高速に入ったのだがどこで勘違いしたのか・・・
ナント大阪方面に戻っているではあーりませんか!
勉強のし過ぎでぼけとんのとちゃう?

茨木インターでまた出直し湖西道路へ!
うれしいお知らせ湖西道路は無料となっております。
悲しいお知らせそのせいか真野(堅田方面)ICまで渋滞していました。
b0069604_18413576.jpg

雪をもとめてのドライブですが、湖西は春の息吹!
でも湖北が近付くと雪が間近に・・・
マキノ高原の道路はメタセコイヤの並木が綺麗です。
近くのスキー場で今年最後の?雪遊びをしてまいりました。
1月の雪は新雪で毛玉になってしまいましたが、
今日はシャーベット状の雪ですぐに融けてしまいます。

帰りはMのひざでスヤスヤ!
ひざの持ち主もスヤスヤ!
ひざの持ち主の隣のRは恨めしそうに眠気をこらえていました。
[PR]
by rmct | 2006-03-04 18:38 | くりむとFamily | Comments(0)

2/23(木) はぴー


b0069604_625219.jpgはぴーばーすでぃつーM!
てな訳でMの誕生日。
皇太子様と同じ日だから、そのうちに祝日になるかも?

くりむは同い年にされてがっくし!

Rは夕飯を近くに出来た「囲み家」でご馳走しました。
ばーすでぃけいく代わりにりくろうおじさんのチーズケーキをプレゼント!
とても優しいRなのでした。
[PR]
by rmct | 2006-02-23 23:42 | くりむとFamily | Comments(0)

10/31(月) TREAT?

b0069604_22123620.jpgイタズラはしていないのにお菓子もあまり貰えない。
RもMも私を玩んでいるだけなのでしょうか?

今年も残すとこあと
2ヶ月!
明日から年賀はがきも発売になるのかな?
Rも2006年版の年賀状ソフト「筆王」を購入していろいろと機能を試している。
marupuraの考える
CGのモデルはきっと私でしょう?
今から楽しみだわ!
[PR]
by rmct | 2005-10-31 22:15 | くりむとFamily | Comments(0)

10/30(日) Trick or Treat?

10月31日はハロウィン!
Mはその準備で忙しい。
せっせと何か造っている。
変な服を着せようと、たくらんでいるらしい?

朝からRにシャンプーをしてもらう。
いつでもおめかしできる態勢となる。
どうでもいいから悪さする前に餌をくれ----!

b0069604_21334314.jpg
ふうせんかずらの白い花とハナミズキの赤い実を並べてみました。
[PR]
by rmct | 2005-10-30 21:39 | くりむとFamily | Comments(0)