夢幻花

東野圭吾さんの夢幻花を読みました。
久しぶりの東野作品でしたが謎解きと複雑な人間劇を楽しめました。
殺人事件のキーワードはタイトルが示すように不思議な花です。
謎解きは被害者の孫娘と警察一家のはみ出し者で原子力を学ぶ大学院生。
そこに被害者に息子が救われたことのある刑事が絡んできます。
孫娘は水泳のトップアスリートがパニックで泳げなくなり自信を亡くしている。
大学院生は原子力が原発事故で続けていくことに意味があるか悩んでいる。
刑事は離婚後に離れた息子への対応を苦慮している。
挫折を味わった者たちが事件解決をきっかけに再チャレンジしようと。
読後本屋で東野圭吾の新参者シリーズが映画化されるというポスターを見ました。
タイトルは「祈りの幕が下りる時」でさっそく図書館で借りてきました。

新名神のオープンパレードに清涼飲料水の広告の派手な車が。
b0069604_23320017.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-12-12 23:33 | 読書 | Comments(0)

2017年12月12日

奥田英朗他「恋愛 仮免中」:88
 奥田英朗:あなたが大好き
 窪美澄 :銀紙色のアンタレス
 荻原浩 :アポロ11号はまだ空を飛んでいるか
 原田マハ:ドライビング・ミス・アンジー
 中江有里:シャンプー
b0069604_21090561.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-12-12 20:30 | 読書 | Comments(0)

2017年12月11日

東野圭吾「夢幻花」:87
b0069604_18414356.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-12-11 12:00 | 読書 | Comments(0)

新名神ウォーキング

本日15時から新名神の高槻~川西間が開通しました。
b0069604_21092927.jpg
午前中に高槻ICで料金所付近をウォーキング出来るイベントがありました。
往復約6kmですが好天に恵まれたくさんの人が参加していました。
好奇心旺盛な私も参加して折り返し地点まで歩いてきました。
料金所前には開通の式典参加者が初乗りするためのバスが並んでいます。
b0069604_21093884.jpg
4時前にMと一緒にオープンした新名神を走ってみました。
高槻インターの入り口の表示が分かりにくく渋滞しています。
開通日の記念に高速料金のレシートをと考えETCを利用しません。
高槻と茨木千提寺間は道路の継ぎ目の振動もなく本当に快適でした。
料金が520円と高いので今後ほとんど利用することはないと思います。
我が家は両インターの中間地点の南にあるので・・・
b0069604_21094517.jpg



[PR]
# by rmct | 2017-12-10 21:11 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

エルミタージュとルミナリエ

兵庫県立美術館で開催されているエルミタージュ美術館展に行きました。
神戸では昨夜からルミナリエが開催されたので午後から出かけました。
少し遅めの昼ご飯を阪急三宮駅から南のサンプラザ地下をブラリ!
克まるというハンバーグ専門店が良さそうだったので入りました。
カウンターで10席程の狭いお店ですが常に数人待ちの状態でした。
季節限定のバジル入りのハンバーグにカマンベールチーズをトッピング。
ハンバーグは160gにスープ・ライス月で850円は納得の値段と味でした。
県立美術館までには市バスで移動しじっくりと見学しました。
ルネサンス、バロック、ロココの時代のオールドマスターの絵画は見応えがありました。
その後歩いて三ノ宮まで移動しケーニヒスクローネで一服して時間調整。
6時前に神戸市役所広場に行くとルミナリエは既に点灯していました。
適当に写真を撮り神戸市役所24Fの展望室で夜景を楽しみ帰路に着きました。

b0069604_22451848.jpg

b0069604_22453242.jpg




[PR]
# by rmct | 2017-12-09 22:35 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

桂塩鯛一門会

今夜茨木のWAMホールで桂塩鯛一門会がありました。
案内には出演者の名前だけで演題は楽しみになっています。
終演後に演題がエレべ-ター横に貼りだされていました。
まずは桂小鯛の「強情灸」でしたが江戸落語で立川談志の得意ネタとか!
続いて桂米紫の「手水回し」で「ちょうず」を「長頭」と間違えるとこは
憶えていましたがその後の下げの部分は忘れていました。
中入り後は桂鯛蔵の「近日息子」でしたが少し噛むとこが気がかりでした。
塩鯛の弟子の中で私としては小鯛さんがいいと思いました。
米紫さんは熱演タイプで好き嫌いがあると思いますが枕の東西比較は???
トリの塩鯛さんは「妻の旅行」という新作で定年後の夫婦の情景でした。
ネットで調べると桂三枝のネタだったようです。
女性を茶化すネタでしたが隣の年配の女性が大笑いしてたから大丈夫でしょう!
塩鯛さんの安定感のある話術に惹かれまた落語会を足を運びたいと思いました。
茨木市役所近くの川端通りはイルミネーションが輝いていました。

b0069604_22495194.jpg




[PR]
# by rmct | 2017-12-08 22:50 | 落語 | Comments(0)

よみうり読書サロン

芦屋市のルナホールで開催される「よみうり読書サロン」に行きました。
今回は井上荒野さんが掌編小説「百合中毒」について語られました。
これで4回目ですが三浦しをん、葉室燐、宮下奈都さんも同じパターンで。
掌編小説が読売新聞に掲載され制作意図などを作者が語るというスタイルです。
荒野さんは井上光晴さんの娘でペンネームでなく本名でした。
瀬戸内寂聴さんが出家する前の7年間くらい不倫関係にあったようです。
瀬戸内さんと荒野さんは交流があり当時の話をしてもらうような間柄。
今そのことについて小説を季刊誌に連載しているとのことです。
自分の制作スタイルについて観客の質問にも答えていました。

大和郡山市役所の近くの老舗の和菓子屋菊屋の天井にはお菓子の型枠が。
b0069604_21520166.jpg


[PR]
# by rmct | 2017-12-06 21:52 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年12月5日

土橋章宏「超高速!参勤交代」:86
b0069604_19573583.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-12-05 16:00 | 読書 | Comments(0)

コンビニ人間

村田沙耶香さんの「コンビニ人間」という昨年の芥川賞受賞作を読みました。
風変わりな主人公の生い立ちからコンビニのバイトでの日常が前半です。
そこに主人公も驚くような風変わりな男がバイトで入ってきます。
そこからだんだんと普通と変人との差が分からなくなってきます。
主人公の思惑と周囲の反応がずれてくる描写に周りも変だなと感じて。
作者は受賞後もコンビニでバイトをしていますが金ではなく人間観察のためだとか!
人生いろいろ客も店の人も観察していると面白いかも?

郡山は下水のマンホールの蓋にも金魚のデザインが!
b0069604_22533856.jpg


[PR]
# by rmct | 2017-12-04 22:54 | 読書 | Comments(0)

忘年会

定年後は忘年会という年末行事に参加することが殆どなくなった。
ここ数年の忘年会は歩き仲間遊行会だけ参加している状態だ。
それも定番の夜ではなく昼間に行われる。
今日は大和郡山で少し街中と城跡の天守台などを散策した後、
修理中だった天守台の上から奈良盆地が一望できます。
北は薬師寺、東に若草山、東大寺、興福寺、南に三輪山、西に生駒連山。
秀長が郡山に要衝を築いたのも納得できます。
春は周囲の堀端にある桜並木が綺麗そう。
近鉄郡山駅近の居酒屋のようなところで忘年会。
酒があまり飲めないのでグラス半分ほどのビールを乾杯した。
あとはウーロン茶で食事をしながら今年の振り返りながら歓談した。
いつまで元気に参加できるのだろう?

大和郡山は金魚の街で公衆電話ボックスにも金魚が泳いでいます。
b0069604_21522413.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-12-03 21:52 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

  主な登場人物: R=飼い主♂、  M=同♀、 C=くりむ


by rmct
プロフィールを見る
画像一覧