名古屋旅行 その1

取りあえず名古屋旅行のご報告をします。

18日は9時過ぎの京都駅発の新幹線に乗り10時前に名古屋駅に着きました。
2泊の宿泊先ホテルビスタ名古屋錦に荷物を預け金山駅経由で常滑に移動します。
常滑駅の近くに窯元を巡る散策コースがありました。
b0069604_21362718.jpg

散歩道には土管や壺がアクセントになっている壁が素敵です。
散歩道の入り口と途中の廻船問屋瀧田家の入口通りと土管坂。
b0069604_21391279.jpg


b0069604_21392222.jpg


b0069604_21394452.jpg

コースの端っこには製陶所の登り窯とその後ろに10本の煙突がありました。
b0069604_21445844.jpg


b0069604_21514826.jpg

そしてコースのあちこちで見かける煙突は常滑焼窯元の元気さを感じます。
b0069604_21473701.jpg

昼は常滑急須館横のうなぎ丸一で地元の魚膳が美味でした。
b0069604_21565313.jpg

この後 INAXミュージアムに行きたかったけどあいにく水曜日が定休日。
替わりに知多半島の反対側の半田市に回ろうとしたけどバスの便が悪く断念。

予定変更して熱田神宮と近くの白鳥庭園に行くことにしました。
神宮は早目の七五三の人がパラパラで思ったほど参拝客がいません。
b0069604_22180052.jpg

神宮の西に堀川がありその西に白鳥公園があります。
回遊式の庭園の中に屋形船に模した素敵な茶室で抹茶と和菓子を。
その場でお茶をたてていただき公園の見所を教えていただきました。
b0069604_22181447.jpg

b0069604_22182726.jpg


5時過ぎにホテルにチェックインして1時間ほど休憩し栄の方で夕食にします。
栄ラシックにある鳥開で名古屋コーチンの親子丼を夜景を見ながら頂きます。
b0069604_22184246.jpg


帰りは名古屋テレビ塔や栄の夜景を見ながら久屋大通駅近くのホテルへ。
今年3月にオープンしたようで部屋は快適でした。
b0069604_22220877.jpg

b0069604_22222042.jpg


[PR]
# by rmct | 2017-10-21 22:23 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

明日から名古屋

明日から名古屋ですが天気はあまり良くなさそうです。
準備をしているとJR東海ツアーズからメールが来ました。
出発予告と名古屋観光、天気予報、グルメ情報など親切。
今日は早めに寝て明日からの英気を養います。
そしていつものようにブログはお休みします。



[PR]
# by rmct | 2017-10-17 18:20 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年10月17日

今野敏「同期」:74
b0069604_18094060.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-10-17 18:09 | 読書 | Comments(0)

政略結婚

高殿円さんの「政略結婚」を読みました。
政略結婚というと戦国時代に人質のような形で娘を嫁がせるイメージです。
現代では政治家がスポンサー目当てで結婚を利用する感じかな!
第一章で幕末に前田家の支藩である加賀大聖寺藩の殿様に嫁いだ姫様の話。
本家筋の姫が殿様と一緒に藩の財政立て直しのため九谷焼を振興する。
維新まで姫に仕えてきた女中にてんさいの絵柄の九谷焼を下賜する。
第二章では明治から昭和にかけて加賀小松藩の末裔で華族の女性の話。
縁あって女中の曽孫がお手伝いとしてくる。
華族の女性は商才があり九谷焼の輸出に貿易商の助力をする。
そこで縁あって貿易商で一緒に貢献した財閥の人と結婚する。
その時に女中からお祝いとしててんさいの絵皿を貰う。
第三章では昭和の戦争前後の公家の末裔で華族の女性の話。
金融恐慌で一文無しになりお気に入りの洋館を売却する。
その売却先が第二章の財閥の姪にあたる人。
戦後進駐軍にその家を接収されるが火事に会う。
焼け跡からそのてんさいの絵皿が出てくるということで物語を紡ぐ。
大名家や公家がその家を絶やさぬように苦労して政略結婚をしてきた。
女性はそれに縛られることが多かったが戦後解放されたと理解した。

渡辺橋の西南にあった朝日新聞の建物はフェスティバルホールとツィンに。
b0069604_15454674.jpg


[PR]
# by rmct | 2017-10-16 15:46 | 読書 | Comments(0)

秋雨前線

秋雨前線が少し南下して寒気が入ってきている。
寒いのであまり外に出かけることもなく読書とテレビとうたた寝。
ゴルフの日本オープンと野球のクライマックスシリーズに目が離せない。
今週末の名古屋観光も天気予報では雨模様?!
訪問予定先は雨に影響されないところが多いとけど移動が鬱陶しい!
事前勉強をあれこれしていますがスマホが役立ちそうです。
今はガイドブックがなくても外国人旅行者がスマホ片手にという時代。

今日の虎は雨が味方せず元気なかったなー!
b0069604_20551386.jpg


[PR]
# by rmct | 2017-10-15 20:55 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2017年10月14日

高殿円「政略結婚」:73
 第一章 てんさいの君
 第二章 プリンセス・クタニ
 第三章 華族女優
b0069604_20403649.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-10-14 22:30 | 読書 | Comments(0)

あれこれ忙しい!

K人くんは無事保育園の運動会が終わったみたい。
残念ながら病院の予約診察が入っていて見に行けなかった。
緑内障の進行は抑えられているようだが視野欠損を再検するらしい。
治療費の精算の合間に近くの画廊で展示会を見る。
そして今度は薬局の薬出しの合間に昼食を済ます。
要領よく立ち回ったが9時から1時頃までかかってしまった。
2時からは茨木市の防犯協会のイベントに参加しました。
理由はゲストの桂塩鯛さんの落語を聴くためです。
桂塩鯛さんは40年ほど茨木を転々としているような話でした。
橋の内に始まって東春日、玉櫛を経て今は東太田にいるようです。
落語の演目は「つぼ算」でしたがなかなかの熱演でした。
その後で図書館に本を返却して散髪に行きました。

象の皮膚を保護するための砂浴びを他の像が手伝っていました。
b0069604_23171546.jpg


[PR]
# by rmct | 2017-10-11 23:17 | 落語 | Comments(0)

カンパニー

伊吹有喜さんの「カンパニー」を読みました。
伊吹さんの本は「四十九日のレシピ」から作品のほとんどを読んでいます。
挫折しそうな人を暖かい目で見守る内容はほっこりします。
今回はリストラになりそうな中年が自分の役割を見出す内容です。
妻から突きつけられた離婚については違和感がありますが・・・
所属している企業が支援するバレー団の支援に主人公が努力します。
同じく企業が抱えるスポーツチームのトレーナーもリストラ対象になります。
彼女も花形バレリーナから冷たくされながら相手の懐に入っていきます。
バレーの公演はトラブルがありながらも成功に終わります。
最後に花形バレリーナから二人が必要とされる話が感動的でした。
タイトルのカンパニーは仲間という意味でバレー団もそう言うようです。
先月見たキエフ・クラシック・バレーの美しい舞台を思い出しました。

フラミンゴはバレリーナに見えますか?
b0069604_19351770.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-10-10 19:39 | 読書 | Comments(0)

2017年10月10日

早見和真「イノセントデイズ」:72
b0069604_22583293.jpg

[PR]
# by rmct | 2017-10-10 02:00 | 読書 | Comments(0)

3連休も終わり

毎日が日曜日の私にはあまり関係ないのですが3連休はぐうたら!
土曜日の孫の運動会が延期でなければ・・・
高槻、茨木周辺の買物と市美術展に行っただけ。
あとは家で読書と昼寝とテレビとパソコンいじり。
くりむが亡くなって49日も過ぎました。
当初は積極的に散歩に出かけていましたが今は・・・
やはり何かの動機づけがないと続かないようです。

昔トーケンズの「ライオンは寝ている」という歌がはやりました。
b0069604_00000270.jpg


[PR]
# by rmct | 2017-10-10 00:01 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

  主な登場人物: R=飼い主♂、  M=同♀、 C=くりむ


by rmct
プロフィールを見る
画像一覧