芦刈

「よみうり読書 芦屋サロン」の会場の芦屋ルナ・ホールに行ってきました。
4月3日の読売新聞朝刊に葉室麟さんの掌編小説「芦刈」をテーマに作者からお話を聞きます。
インタビューは読売新聞文化部の西田朋子さんが小説の制作意図などを聞きます。
掌編小説は原稿用紙9枚だそうですが大和物語の能「芦刈」にヒントを得たようです。
能とは結末が違うようですが味のある結末でした。
君なくてあしかりけりとおもふにも
     いとど難波の浦ぞすみうき
芦刈と悪しかりが掛詞になっていて妻がいなくなり不遇を嘆いた歌だそうです。
葉室さんは「蜩の記」で直木賞を受賞されていますが50歳を過ぎて本格的に執筆活動。
司馬遼太郎・藤沢周平と山本周五郎が好きな作家だと話されていました。
ホールの近くの公園ではもう藤の花が咲いていました。

b0069604_21132040.jpg

[PR]
by rmct | 2016-04-18 21:13 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

  主な登場人物: R=飼い主♂、  M=同♀、 C=くりむ


by rmct
プロフィールを見る
画像一覧