福助人形

堺まちなか福助人形展を見に行きました。
南海鉄道の堺駅で下車して観光案内所で自転車を借りていざ出発。
ガイドマップで阪堺線沿いの展示場を目指します。
最初に宿院駅近くの千利休屋敷前の「さかい千晶の杜」会場に行きました。
続いて刃物や線香などが展示されている「堺伝統産業会館」会場を見学。
移動の途中で与謝野晶子の生誕地のモニュメントを見つけました。
昼食の後は阪堺線を北上し非公開の鉄砲加治屋敷を探しました。
その裏側に「清学院」という修験道のお寺があり会場となっていました。
綾乃町駅の近くの「山口家住宅」は江戸時代初期の庄屋さんの豪邸でした。
一番福助人形の展示が多くいい雰囲気で飾られていました。
福助人形は足袋の福助が収集していたものを堺市に寄贈したものが中心みたい。
愛らしい福助人形を見ていると心が癒され幸福になりそうです。
最後にJR堺駅近くのアルフォンス·ミュシャ館まで足を伸ばしました。
福助人形の展示はありませんが堺まで来たので・・・

b0069604_22424815.jpg



[PR]
# by rmct | 2018-01-18 22:42 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

アートデアート・ビュー

阪急高槻市駅の近くにアートデアート・ビューというギャラリーがあります。
住宅を改造した展示場なので庭もあって素敵です。
今日から川端太さんの洋画展「風に吹かれて」が始まりました。
初日なので本人にお会いすることができました。
名前の通り「太」というか立派な体格で優しそうな印象です。
女性像が多く少し小磯良平の画風に似ていると感じました。
期間中20日と26日の2時からライブペイントがあるようです。
帰りにラーメン激戦区高槻で人気の「鱗」で塩ラーメンをいただきました。

b0069604_22333844.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-01-17 22:33 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

大阪七福神めぐり(その2)

お昼を過ぎたので木津市場あたりで食事をしようということになりました。
なんばCITYに出るとクボタの本社が遠くに見えます。
木津市場はさらに南なのでたまたま見かけたところで海鮮丼を食べました。
食後に木津市場の中に入ると市場は終わっていてひっそりとしています。
四ツ橋筋に出ると大国主神社神社が見えました。
中には日出大黒神がいて前には狛犬ならぬ狛ネズミがいます。
大国さまといえば米俵、米俵にはネズミが付き物です。

b0069604_21210732.jpg


大国主神社から今度は東に向かい南海鉄道を越え南に行くと今宮戎神社です。
十日えびすで賑わった後の片づけをしていました。
境内にえびす大神の像がなく神職の方に聞くとご神体で一般公開していないとのこと。

b0069604_21210788.jpg


最後に向かう四天王寺はさらに東に進んだ所にあります。
阪堺線の恵比寿駅、通天閣、動物園、一心寺、ハルカスなど少しづつ風景が変わります。
四天王寺の境内の入口近くに布袋堂がありそこにユーモラスな布袋尊がいました。
ここも撮影禁止ですが撫でてよい布袋像を代わりに撮りました。
四天王寺といえば五重塔でそしてお土産には釣鐘饅頭でしょう。
お店の屋根には小さな鐘楼そして窓も釣鐘がデザインされています。

b0069604_21210755.jpg


b0069604_21210718.jpg


b0069604_21210712.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-01-16 12:00 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2018年1月16日

清水健「僕と息子の973日間」:5
b0069604_11451029.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-01-16 11:00 | 読書 | Comments(0)

大阪七福神めぐり

キャンセルするつもりだった大阪七福神めぐりでしたが、
体調も回復したので予定通り参加しました。
まずはJR環状線の玉造駅を10時に出発し三光神社の寿老神へ。
真田幸村が陣を張った真田丸ゆかりの場所でした。
寿老人の杖の頭は鶴、左手には亀が乗っていて長寿の象徴です。

b0069604_21123673.jpg


西に歩くと「傾城阿波の鳴門」で巡礼おつるが母おゆみに会う「どんどろ大師の場面」の
舞台がここと紹介され二人の像が善福寺の前ありました。
この辺りから大阪城の南を守る空堀の地名がはじまります。
上町筋を渡る手前に近松門左衛門の墓があるとの表示で立ち寄りました。
さらに西に進むと空堀商店街が始まりますが熊野街道を南に向かいます。
そしてまた西に曲がると道路のセンターに楠と祠がありました。
調べると樹齢500年くらいの楠で寺の境内にあったご神木でした。
谷町筋を渡ったところが長久寺で福禄寿がありましたが撮影禁止。

b0069604_21210604.jpg

そこから南に向かうとお寺が多く途切れたところに高津宮がありました。
今日は1月15日はとんど焼きの日で正月の飾りや注連縄を焼いています。

b0069604_22095249.jpg

さらに西に向かい松屋町筋を越えると東横堀川でそこは道頓堀と繋がる角でした。
地名的にはもう島の内で法案寺の弁財天入り口はなんとなく中国風。

b0069604_21210649.jpg

そこから道頓堀を越えて南に行くと国立文楽劇場があります。
千日前線の通りを少し西に行き堺筋の手前の南側は黒門市場。
最近やたらと外国人が増え平日の昼間でもごった返しています。
以前は年末になると正月準備の風物詩だったのですが・・・
堺筋を越えて南に向かうと家電の店が増えてきてその一角に、
宝満寺(大乗坊)の毘沙門天がありますがここも撮影禁止。

b0069604_21210639.jpg


続く。




[PR]
# by rmct | 2018-01-15 21:20 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

復調道半ば

3日前から熱っぽく咳が止まりませんでした。
やっと熱が下がりはじめのどの痛みも和らいでいます。
抗生物質を服用しているので少し吐き気がします。
食欲がなく食べる量がいつもの6割程度です。
体重が減ったと思ったが便秘のせいで思ったより減っていません。
通院以外は閉じこもっていたので少し徘徊願望が復活?
明日から無理をしない程度に出歩くようにします。

讃州井筒屋敷の近くのレトロな郵便局は喫茶店になっています。
b0069604_20510319.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-01-13 20:53 | 見たり、聞いたり | Comments(0)

2018年1月13日

櫻井よしこ、呉善花「赤い韓国」:4
 危機を招く半島の真実
b0069604_20362760.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-01-13 09:00 | 読書 | Comments(0)

院長選挙

昨日は朝から咳が止まらず夕方は熱っぽくなりました。
早目に医者に行こうとしたのですが水曜の午後は休診でした。
体温計で熱を測ると37度を超えています。
早目に寝たのですが熱で節々が痛い状態が続きました。
今朝かかりつけの医者に行くとインフルエンザは陰性で風邪みたい。
点滴と薬のお蔭で熱も下がりずいぶん楽になりました。
久坂部羊さんの「院長選挙」を読みました。
久坂部さんの小説は多分にブラックユーモア的なところがあります。
また阪大出身の医者なので医療現場の問題などを描いたものが多いと思います。
今回は大学病院の院長急死に伴う院長選挙の内幕を描いた内容です。
4人の副院長が院長選挙に立候補するのですがそれぞれ問題がある人ばかり。
医科のあいだでのヒエラルキーについて初めて知りました。
それにしてもにここまで医師を貶める内容のものを書けるなぁと思います。

讃州井筒屋敷の正月飾りです。
b0069604_20121043.jpg


[PR]
# by rmct | 2018-01-11 20:12 | 読書 | Comments(0)

2018年1月11日

久坂部羊「院長選挙:3
 第1章 伝説の教授室
 第2章 手術風呂
 第3章 犬猿の仲
 第4章 アンフェア・プレー
 第5章 謝罪会見
 第6章 コメディカル
 第7章 面白い巨塔
b0069604_19433297.jpg

[PR]
# by rmct | 2018-01-11 17:00 | 読書 | Comments(0)

友情

「友情 平尾誠二と山中伸弥の『最後の一年』」を読みました。
一昨年ガンで亡くなった平尾誠二さんと山中伸弥さんの交流のお話です。
二人の交流は週刊誌での対談がきっかけでした。
スポーツの世界と研究の世界でトップを極める二人は意気投合したようです。
平尾さんとの出会いからがん闘病に関わる山中さんへのインタビューが1部。
献身的なサポートする山中さんの様子を語る平尾さんの奥様へのインタビューが2部。
第3部は日本が世界の中で存在感を示すためのアドバイスの対談記事の再録。
若い世代に読んで欲しい内容でした。

高知往復の途中でよく立ち寄るびんび屋のメニュー。
今回はびんび定食と海の幸カレーとボタンエビの刺身でした。
b0069604_21481782.jpg


[PR]
# by rmct | 2018-01-09 21:50 | 読書 | Comments(0)

  主な登場人物: R=飼い主♂、  M=同♀、 C=くりむ


by rmct
プロフィールを見る
画像一覧